食品製造営業許可の更新のHACCP対応にお困りですか?

2020年の東京オリンピックに合わせ、日本の食の安全性のアピールを目指して、2020.6月に改正食品衛生法(HACCP)が施行されました。1年の猶予期間を経て、2021.6月に完全施行の運びでした。

この間は、コロナ禍により、保健所のパワーとマネジメントが費やされ、対象の食品加工業者は、自粛の要請を受けながら存続のために努力されていたと思います。本当に頭が下がります。

その中で、保健所単位で、HACCPへの対応の温度差が出ている場合があり、現状では仕方のないことかもしれません。


とはいえ、法治国家の国民の義務として、HACCPに対応してい行くことが求められています。できれば積極的に関わって、他社との差別化のチャンスと捉えていける良いですね。


分かるとできるは違う


・いざ始めてみると、手掛かりがなく、途方に暮れることがあるかもしれません。

・やってみたけど、今後に不安を覚えるかもしれません。

・提出してみたけれど、保健所から是正を求められるかもしれません。


そんな不安を感じたら、下記を読んでみてください。


・食品製造の営業許可更新に必要な書類は?

・記録の仕方が今後も有効? ・保健所からの指導を受けたら?


-----------------------------------------------------------------------------------------


・食品製造の営業許可更新に必要な書類は?

当社では、これらの収集と整頓、作成を支援します。

・製造工程図

・(危害要因分析表)

・HACCPプラン

・CCPのモニタリング記録

・改善措置の記録


・又は上記の概要



https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000150003.pdf


・記録の仕方が今後も有効?


仕組の作る順番は、「HACCPプラン、CCPのモニタリング記録、改善措置の記録」となります。仕組みの維持が簡単にできないと、現場の改善が進まず、管理担当者だけが忙しくなることになりかねません。

あまっさえ、担当者が体調不良で休むことになったなら、もっと困ります。


「プランが変更なったら記録が変更になる紐づけ」や、「記録の様式変更が速やかな現場への伝達」、「プランの見直しのための記録を束ね」などが、きちんと設計され、簡単に運用・変更できるようになっていると、担当者も快活で現場の改善が進みます。


当社では、HACCPコーディネーターの資格を持った担当者が、設計も支援します。更に、日本酒の製造でHACCP管理を経験しています。


・保健所からの指導を受けたら?


法律の解釈の違いや、現状の設備の都合で、100%のプランにはならず、保健所から指導があるかもしれません。

保健所に是正報告を行った経験がある担当者が在籍しており、お望みであれば、報告完了までお付き合いさせていただきます。





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示